世界をちょっと変えてみない?

Aromanaちゃんが綴ってます

過去が変化する

先日余りに溢れた荷物を片付けていましたら、若い頃の写真が沢山出て来ました。

まぁ可愛いのなんのって。びっくりしたんです。

 

遠い目ですよ。

こんなんだったんだって(笑)

 

というのもですね、わたくし。

自分に相当自信がなくて…

 

正直に言えば小さい頃から別に容姿が嫌いとは思わなかった。

ただもっとこうだったらよかったのにと思う事は多かった。

あの子になりたい、この子になりたい。そんなことばっかり。

 

鏡見るのが好きだったので綺麗にするのも好きだったし、褒められることも多かったんですが…

見た目は好きでも、中身が好きじゃない。

そんな事をひたすら思う毎日でした。

 

可愛さが手に入れば幸せになれる。綺麗になれば幸せになれる。

 

幸せはどこか別のところにあって到達するもの。

そんな思考でしたね。

 

自己否定→他人が羨ましい→真似る→自分が思っている様にならない→さらに自己否定を繰り返す

 

これをひたすら頭の中で繰り返す日々。

見た目じゃわかりません。

外にはそういう感情は出していませんでしたから。

けど内側はひどかった。

 

褒められても素直に受け取る事なんて出来ません。

 

今思えば自分に対して本当にひどい事を思ってました。

◯◯ばいいのに、こんなやつとか、

中身だけ他の人に変わればいいのにとか(笑)

 

今わたしのことを知ってる人からすると、びっくりするんじゃないかなーと思うくらい酷かった。

 

今生の一番古い記憶だと保育園の時にはすでにそう思ってましたね。

 

なので自分嫌い歴30年?

やっと自分を面白がれるようになったのがここ数年です。

 

今までは昔の写真を見るたびに、可愛くねー!!!って思って、捨てたい衝動にかられ押し入れの奥底にしまい込んでいました。

 

実はねこれは自分が抱えているエネルギーに反応してるだけ。

写真を見た瞬間に自己否定している記憶が蘇り

それに気づかず自分の容姿が嫌いに置き換えてるだけの現象です。

 

自分嫌い歴30年。

 

そうするとまぁそういう人生になるよね(笑)

あぁ、言いたくない。言わない。

けど言う!

 

自己否定が強い場合、世の中のをどう見るかってね。

 

周りは敵だらけです。

心許す人なんて誰もいないから、いつもピリピリしてる。

周りが敵なんじゃなくて、周りを敵として見てる。

本来わたしに対して何も思ってない人にですら、わたしの事どうせ嫌いなんでしょ?って思う。

本当に病気。

 

それなのに嫌われてるって思う、悲劇のヒロイン。

さらに、みんなに好きになってもらいたいっていう謎の心理。

はぁ、まじ勘弁…

 

 

自分が自分の事嫌ってるから、それを世界に投影してるだけなのに。

その自分の事が嫌いっていうのも、元々は自分のせいじゃない。

色んな事があって、それを受け入れちゃっただけなんだ。

だから誰のせいでもないし、自分だけの問題。

自分だけの問題だから、自分で解決することが出来るんだよ。

 

ここ数年、思考の影響や、その染み付いた思考をどうやって手放すかを学び、遅いながらも自分の出来る範囲で取り組んだ。

 

『あれ?わたしの思い込みってなんだったんだ?』って思えるようになったその時、やっと写真に写ってる自分を見て、なんて可愛いんだと思えるようになったんです。

 

ほんと取り返したい、その時代(笑)

 

写真そのものは何も変わってないんです。

わたしの自分への見方が変わっただけなんです。

見方が変わったっていう表現もちょっと違ってて、上から記憶を塗り替えたとかじゃなく、自分を受け入れたっていうのに近い感覚。

そうするとね、写真に写ってる自分が可愛く見えてくるっていう不思議な現象が起こります。

 

思考が変わると現実が変わるってこういうこと。

だからね、本当に手っ取り早く思い込みを手放すっていうのが大事なんです!

 

1分1秒でも早く、

宇宙でもっとも大事にしないといけないあなた自身をがんじがらめにしている思い込みから自由になってほしい。

 

自由になるためにはマインド設定が必要。

マインド設定だって、自分で設定するんだよ!

誰かに言われたものを設定するんじゃない。

そのためにヒーラーやセラピスト、コーチと呼ばれる人は存在していてるはず。

 

そして、色々学んできて思うことがあります。

 

お子様を育てているお母様方にお願いです。

まずはあなたが幸せになってください。

何よりも誰よりもあなたが幸せになってくれたら、世の中のほとんどの問題は解決できるんです。

 

そして育ててくれた方を恨んでいる方は、ぜひ許してあげてください。

彼らはその方法しか知らなかっただけなんです。

それに会いたくない相手に面と向かって、『許すね』って言う必要はありません。

心の中でただ許す許可をだせばいいのです。

 

 人は自分を縛ってる思考から自由になれると、どんなことにもチャレンジ出来るし、

人を愛せるようになります。

 

自分の人生を悔やんでるうちはまだまだ大丈夫。

人生遅いってことはありません。

やらずに自分の人生や他人の生き方にダラダラ文句言うよりかは、やった方が生きるの楽になれます。

 

自分の人生に責任を持ちたいと思われた方はぜひお越しください。

crystalaroma1981.wixsite.com