世界をちょっと変えてみない?

Aromanaちゃんが綴ってます

宮島

とってもお天気の良い4月某日、七浦めぐりを行いに宮島に行ってきました。

七浦めぐりって?という方はこちらをお読みください。

七浦神社 嚴島神社【公式サイト】国宝・世界文化遺産 スマホ版

広島にずっと住んでいても、ほとんどの方は巡ったことないのでは?と思います。滅多にない機会だと思い、お申し込みさせてもらいました。

 

当日乗船する船はこちらf:id:Aromana:20180404174611j:image

これに乗り込み約2時間半で宮島を一周します。当日の天候で出航が決まるので、雨男、雨女を自覚されている方は、賭けに出てください。

船内は長椅子横座りタイプでしたが、お尻も痛くならずに過ごせました。海上は日を遮るところはないので、太陽の向きによっては日差しをもろに浴びることになります。

日差しはかなりキツイです。4月初旬は窓からひんやりとした風が入るおかげで、満員の船内でも蒸すことなく快適。冬は暖をとるため、ファンヒーターがあるみたいですが、海上ですので寒さは覚悟した方がいいのかもしれませんね。

 

出航時間が満潮に近かったので、厳島神社の大鳥居の近くまで連れていってもらいました。

干潮時に見上げる鳥居と違い、身長にプラス海の高さが加わることで迫力があります。f:id:Aromana:20180404175608j:imageこの大鳥居は明治時代に改修といことでもうすでに100年越え。説明を聞いた話では、140年位建っているとのことです。

本来は100年ごとに建て替えが行われるそうですが、今は使用する木が見つかっていないため補修を繰り返しながら過ごしているのだとか。

使用する木は樹齢800年の木ですので、なかなか探すのは大変そうです。

鳥居に小銭を挟んでしまうと劣化していくそうなので、これから宮島を訪れる方は、今の鳥居を少しでも長く使えるよう小銭は是非、賽銭箱にいれてほしいですね。

 

大鳥居を後にして、ぐるりと宮島を一周、参拝していきます。f:id:Aromana:20180404180534j:image

ほとんどの神社は海上参拝ですが、2箇所上陸して参拝出来ます。

f:id:Aromana:20180404180948j:image

1日ゆっくり過ごすと元気がチャージできそう。

f:id:Aromana:20180404181142j:image

宮島という島は、人が生活している部分はほんの一部で、残りのほとんどは原生林。日頃、見ることが出来ない宮島の顔を知ることができて満足でした。裏と表では海の色も、波も違っていて、今回違いを知ることが出来たのは収穫です。

 

海上参拝を終えた後は、大元神社に参拝。この辺りまで来ると、観光している人も少なく、比較的ゆっくり出来ますね。f:id:Aromana:20180404181903j:imageオススメのご神木にも、連れていっていただきました。f:id:Aromana:20180404181954j:image

宮島はスタバが出来ていたり、海外の方がたくさん訪れていたりと大賑わいです。やはり地元で近いということもあり「いつでも行けるしな」と思っていましたが、それぞれの季節を楽しみに年に4回は参拝しに行きたいなぁと感じました。

春の時期に行くと桜が綺麗ですし、夏の早朝参拝は気持ちがいいです。秋の紅葉はとても綺麗で、人でごちゃごちゃした年越しを楽しむのもお勧めです。