世界をちょっと変えてみない?

Aromanaちゃんが綴ってます

思考プログラム

幸せな人生を送るにはどうするか、常々考えます。わたしにとっての幸せって、豊かでパートナーと上手くいっていて、身体が元気であること。幸せって物質的なものだけじゃなく、根底に流れる思考が大事だと思っています。

 

使い切れないくらいのお金があっても、パートナーとの問題を抱えている人、持病があり体調に問題を抱えている人。身体が元気でもパートナー、お金に問題を抱えている人。人を見て幸せそうとジャッジしているのは自分。実際、その人が幸せかどうかなんてわからないっていうのが本当のところじゃないかな。

 

他所の人を見て幸せそうと妬みや嫉妬、悲しみを感じる時って、自分に埋め込まれた思考プログラムに反応しているんじゃないかと感じます。

 

真っ白な思考で生まれてきた私たちは外に出た瞬間から、他人の思考プログラムの元、条件付けされ自分ではない思考プログラムを埋め込まれていきます。多くの場合、親や学校による教育です。

 

この思考プログラムの便利なところは、埋め込まれてしまうと、実際に起きていないこと、起きるかどうかわからないことに関して「こうすればこうなる」といった風に勝手に判断してくれるところです。

 

もともと人間に備わっている自然本来のプログラムがあるのですが、外部からの思考プログラムを真実だと思い込むことで、奇跡と呼ばれる出来事が当たり前だったはずなのにその力を使えなくしてしまっています。

 

例えば、「良い学校に入り良い企業に就職することが幸せ」(だいぶ薄れてきた考え方ですが、それでもまだまだありふれていますね。)

実際にそうなるよう努力をして手に入れた。それなのに夫婦間の愛情は冷めてる。幸せだと言えますか?

そしてその考えが「幸せ」をもたらすものではないと薄々気づいているにも関わらず、「あなたのためを思って」と自分の子供にも同じように強要してしまう。

これはその家が代々持っている思考プログラムで、真っ白でたくさんの可能性を秘めて生まれてくる子供を、小さな段階で制限してその子が持つ可能性を広がらないようにしてしまいます。そのほか思考プログラムは、DNAや時代の集合意識からも影響を受けたりします。

 

ただ、地球は「限界を超える創造」を学ぶ場ですので、この人生に制限を加える思考プログラムは地球に産まれる時の初期設定だと考えたら気持ちが軽くなりませんか?だからみんなそれぞれ思考プログラムが違っていて当たり前で、他の人の思考プログラムについて、いちいち反応しなくて大丈夫です。

 

埋め込まれた思考プログラムに気づき、どんどん取り払っていくのがこの地球を楽しむ最初の段階です。自分に素直になり、あなたの幸せを追求していいんだと許可するだけです。何にも代え難いあなたの人生の主導権を他人に明け渡すのではなく、あなたが軸になること。無意識の思考プログラムに振り回されて人生を終えるのか、それとも自分の無限の可能性を追求して繁栄拡大していくのか。どちらかしかこの地球にはありません。

 

自分の考えに執着せず、知らなかったこと、理解できないものをジャッジせずに受け入れることが人生を幸せに上手く運ぶのに必要なことかなと考えます。