世界をちょっと変えてみない?

Aromanaちゃんが綴ってます

『have to』を見つけたらセルフヒーリング

人生が上手くいくには、日常から『have toをいかになくすか』が鍵。

確かに日常に溢れている『〜しなければいけない』は、自分だけでなく相手にも強要してしまいがち。

嫌な思い出や出来事を思い返してみると、大体がこの『〜しなければいけない』ということがベースになって起きています。

ベースになっているということは、『have to』が悲しみや怒りの感情のスイッチになっていて、外の出来事が自分の中のルールに触れた時に反応をします。

本当は、出来事があったから感情が湧いたのではなく、もともとそこに閉じ込めた感情があって、出来事によって自動的に反応しているだけです。

じゃあ、その感情を感じてあげればいいのではないかい?というのがセルフヒーリングです。

 

かつての私の話です。

わたしはそばで自分勝手な行動や言動をされるとかなり怒りが沸いて、『何、自分勝手な事ばかりしてるの?』といつもイライラしていました。

見事な投影ですね。

相手がワガママであろうとわたしの人生に何も関係ないのに、こいつを正してやろうと変な正義感に燃えたりする。恥ずかしい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ここでの問題は起きた出来事ではなく、そういう現実にただ無意識に繰り返し反応している自分です。

ワガママを言っている人のせいで、私はイライラさせられた!この気分はこの人のせいなんだ!と思いがちですが、本当はその下に隠れているhave toが原因。

この場合のhave toは、『いい子にしてなければならない』などが隠れていると考えられます。

(『いい子』って誰に対してのいい子なんだよって感じですが、ここでは割愛します。)

 

『いい子』というのは、相手にとって都合のいい子であり、自分軸ではなく相手に合わせて生きているということが分かります。

『いい子=相手の言う通りにする』というルールが存在していると、そこを簡単に踏み越えていく人を見ると『おぃ!こらぁ!』と反応。

なのでこの『いい子=相手の言う通りにする』という『have to』を手放さない限り、同じ様な場面に遭遇するたび反応を続けてしまいます。

 

 

『have to』をやめて『want to』をしようと多くの人が発信しています。多くの人が言っているから『よし!じゃあ、いい子をやめて自由に振る舞うぞ!』と頭だけで理解して行動に移すパターンが多くみられ、結局行き詰まり悩む人が増えています。

もちろん、もともとの制限が少ない人は難しくないと思います。その場の空気を読み、いつも誰かに気を配り、言われた通りに真面目に生きてこられた方は、急に『want to』に移るのは難易度が高いのかなと思います。

 

そこで、この自分ルールの『have to』が見つかった時は、さらに掘り下げて掘り下げて、そのhave toが出来たであろう原因を見つける行為を増やして欲しいのです。

 

例えば、先ほど書いた『いい子にしなければならない』

 

この様な『have to』に対して、『どうして?』と自問自答を繰り返しながらそのルールが出来たであろうところまで遡ります。『いい子にしなければならない』のさらに下に隠れている思考を感じて、出てきたエネルギーを身体の全細胞で感じてください。ジャッジせず、ただ感じるだけで十分です。

感情の取り扱いは、揺さぶられた時『うわぁ!ここにあったんだ!』とあったことに対しても何もジャッジせずただ受け入れうーーんと感じきり、手放すだけです。

 

 

恐怖や不安といったエネルギーの上に自分を乗せているので、不安定で揺れ動きやすく、何かあるとすぐ感情が反応してしまいます。

何もジャッジせず感じ切ることで、エネルギーに変化が起こります。怖いから目を背けるのではなく、怖いからこそ本当に怖いかどうか体感して確かめる必要があるのです。

 

頭だけで理解するのではなく、まずはエネルギーで感じることが大事です。エネルギーを感じることは、そんなに難しいことではありませんので心配しないでください。

エネルギーを感じきり、『have to』の原因を大人になった自分が客観的に見て解釈を書き直していきましょう。

 

不安をベースにしていない、真のエネルギーからの『want to』で人生を生きてくださいね!