世界をちょっと変えてみない?

Aromanaちゃんが綴ってます

怒り

誰かがあなたが怒るようなことをしたから怒るのか、それとも怒りという感情があって何かがきっかけとなって怒るのか。

怒りに支配されている時は考えることが難しいので、そうじゃない時にこそ考えてもらいたいテーマです。

 

いつも怒っている人いませんか?

さすがに24時間連続して怒っている人はいないと思いますが、毎回同じような事でキレる人。こんな話を書くくらいなので、私もそうだったんです。

 

昔々、私は時間にかなり厳しくてデートの待ち合わせの時間に遅れるなんて論外でした。彼が遅れるその度に怒って、せっかくの時間を無駄にしていましたね。その頃はこういった事を学んでいなかったので、どんな理由があっても遅れる相手が悪くて、私には非がないとまで思っていました。(もちろん、どんな理由がっていうのも家人に何かあってとかは考慮しますよ)

 

でも今考えると、なんでそんな事で必死に怒っていたんだろうって思うんです。まぁ早く会いたいとかそんな可愛い理由ならいいんでしょうが、どちらにせよ怒っているので可愛くはないです。よく愛想つかされなかったなと思います。

言えるのは、時間にルーズな人を矯正しようと思っても無理です。断言します。その人によっぽどの事がない限り変わりません(笑)そして大事な時間はちゃんと守れるのでこちらが口を出す必要はありません。

 

さてさて、怒っている人っていうのは、基本自分は正しい事をしていると感じています。私の場合だと、約束の時間を守っている私は正しくて、遅れてくる相手が悪い。『相手から正しくないことをされた。自分は被害者だ』という感情を少なからず持っています。

 

実際、時間にルーズで本当にそこが嫌なら別れたらいいだけなんですね。あとは事前に遅れてくるということが予想されたら、待ち合わせ場所を自分の都合の良い場所にするとか。昔の私はこれが出来なかったんです。相手に便利の良い場所を自分から提案してたんですね。それが良いと思い込んでいました。相手を思っているふりをして自己中心的な考えでした。

だからこそ余計に怒りと被害者意識が大きくなったんだと思います。良い関係を築き上げたいのなら『相手のことを思って』なんていういい子を装うのはやめた方がいいです。

 

 

では、この怒りをどうしていけばいいのでしょうか?

 

怒りの根本にある被害者でいたいなら相手のせいにしておくのもいいと思います。そうすると相手を怒りでコントロール出来ますから(笑)

でもずっと怒り続けるのも疲れちゃいますし、相手との距離が遠くなっちゃいます。

 

よし、じゃあ自分の怒りに取り組むぞ!そう感じた方は、怒りはもともと自分の中にあって、たまたま何かの拍子に浮上してきたものと考えると相手を責めなくて済みます。自分の中に抱えてきた怒りというエネルギーが触発され噴出した。そんな風に捉えてください。

 

何かのきっかけで浮上してきたら、時間があれば出てきたその怒りと対話をしてもいいですし(その時アロマを使うと効果的)、時間がなければたった数分でいいのでその怒りのエネルギーを身体で感じて、感じきってお別れをしてください。

出たくてたまらなかったエネルギーです。くれぐれもエネルギーを押し込めようとしないでくださいね。